スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いーつまでもてをーつないでー

2009
12-22
いられるような気がしていた時期がやってきましたね。

メリークリスマスマスマス。

ちょっと早いですね。

しかし!

早いといえば、2009年がそろそろ終わるのもそうですがそれと同時に早くも2つJulyのライブが決定

しております!!!

一つは・・・

1月9日 in Departure!!!!!!!!!!!!!

二つ目は・・・

1月31日 in ハレ(鶴ヶ島)!!!!!!!!!!!!!!!!!!

詳細はホームページの「LIVE」をご覧ください。

ではでは!!!!


HP
http://july.konjiki.jp/
スポンサーサイト

you tube festival

2009
12-13
こんばんは。

本日は大宮に去年できたばかりの新しいスタジオでの練習でした。

内装も外装も良くて、機材も充実!!しかも壁が鏡張りだったりして本番前とかのパフォーマンスを考えるの

とかテンションアップに最適ですね。今後も使っていきたいと思います。

そしてそして、新曲についにとりかかりはじめました。

タイトルは「Last Word」という曲で、新生Julyになる前に初代からずっとやってた曲を大胆にこの度

アレンジしました。

以前より非常に演奏するのが難しくなりましたが、完成したらきっと前バージョンを超えるものになると

思います。お楽しみに。


タイトルのyou tube festivalというのは練習終わって夕食も済ませてからyou tubeでいろんな音楽映像を

見てたということです。たいした本数も見ていないのでfestivalというほどではありませんが(笑)

今日の僕の中でのヒットは・・・


東方神起「stand by you」

東方神起「どうして君を好きになってしまったんだろう」

EXILE「優しい光」

EXILE「ふたつの唇」


ですね。

意外だと思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、僕は本当に音楽はジャンル問わずに好きなものが

ものすごく多いんです。J-POPはしかもかなり好きな部類に入りますね。

J-POPって面白いですよねー。僕は洋楽のPOPSより好きですね。日本の方が歌のメロディをすごい重視してて

覚えやすくて、口ずさみやすくて、趣深い感じがします。メロディのキャッチーさってPOPSにおいては

最も重要視されても良い部分だと思うんですね。やっぱり伴奏などで聴かせるものではない分、どこに

重きを置くかといえば「歌」しかないわけですよ。歌に乗るのは「メロディ」と「歌詞」。もはや本当に

歌い手の力量が最大に問われる数分間ということになります。

その中でも今日聞いた東方神起とEXILEの2曲ずつ、計4曲はかなり良かったですね。

東方神起って全然注意して聞いたことなかったんですが、今日聞いた2曲はバイト先でよく流れてたんで

結構気になってはいたんですね。それで今日ちゃんと聞いてみたら、結構響きました。

EXILEも新生になってからはまともにシングルを聞いていませんでしたが、今日聞いた2曲素晴らしいですね。

まさにEXILEの真骨頂な感じで、特にATSUSHIの歌声は本当に男の僕でも聞きほれてしまいますね。。。

優しい光っていう曲のライブバージョンではピアノを弾き語ってたりしてそんな才能もあったのかと

びっくりしてしまいました。


みなさんもJ-POP是非耳を傾けてみてください。

火星

2009
12-09
こんばんは。麓です。

今日久々に大好きなThe Mars Voltaを聞いておりました。

いやーこのバンド最初抵抗あったんですけど今・・・

めっちゃめちゃ好きです。

もう本当彼らは独自の世界を持っていますよね。なんてちんけな表現では表しきれないくらいの独創性を

持ち合わせたバンドです。どのパートのフレーズを切り取ってもまさに「マーズっぽいわー」と即答できる

ような音ばかり(ボーカルも含めて)。

特にドラムはドラムやってらっしゃる人は必聴ですね。このダイナミクスと、嵐のような音数はもう唯一無二

としか言いようがありません。セオドアから今はトーマスに変わっていますがトーマスの嵐はもう

カトリーナ何号だよってかタイフーンっしょってくらいの荒れ具合です(笑)セオドアファンの方が好きって

方をよく聞きますが僕はどっちも好きですね。


「Goliath」という曲があるんですが去年聞いた音楽の中でもトップ3に入るほどのお気に入りの曲です。

キングクリムゾンの「21st Century Schizoid Man Including Mirrors」を彷彿とさせるような展開とフレーズ

ですがもう本当に傑作すぎます。

変則的過ぎるドラムのフレーズの入れ方とこれまた暴れまわるギターソロが何度も出てきて、それでいて

曲中の緩急が非常に富んでいるので全く飽きさせずにすさまじい盛り上がりを見せながらクライマックスへ

向かっていく渾身の一曲ですね。

説明が全然うまくできませんが、とりあえず必聴の一曲です。ベースの音作りやエフェクターのかけ方、

フレージングも非常にかっこいいです。ぜひぜひお聞きあれ。

せーのでLIVE

2009
12-07
12月5日、せーのでLIVEしました。

タイトルはB'zのDIVEのオープニングにかけてみました。

今回のライブは非常にJulyにとって意味のあるものになったと思います。

まず!嬉しかったのがリハをやった時点で他バンドの方に声をかけていただき、もう次のライブに一緒に出ようと

誘っていただきました!!

これは本当嬉しいですね。やっぱりバンドのファーストインプレッションってすごい大事だと思うので、しっかり

リハの段階から響かせられたという意味ではすごい進歩だと思います。

ちなみにそのバンドさんはCRAWLさんといいます。1月9日にCRAWLさんの企画ライブがあってそれに出演予定

ですのでそちらも是非チェックしてください!!


えー、ライブ本番の話に戻りますが、今回初めてライブで購入したサンズアンプを使用しました。

外音を詳しくチェックしなかったのがちょっと悔いが残りますが、いつもお世話になっているPAのイギさんと中村

さんには確認していただいているので安心感はありました。中音は毎回やりやすいようにしていただいているので

本番も演奏しやすかったです!

サンズはとにかく音圧だけでなくテンションもあがります(笑)演奏するのにテンションはひっじょーに重要な

要素なのでこれが上がるのはもんのすごい大きいことです。

いざ始まると演奏面ではいつもよりミスも少なく、声もまあまあ調子良かったですが、歌詞がとんだ箇所がいくつか

ありました・・・

歌詞はJulyから発信するまさにメッセージなのでこれがうまく表現できないのはやっぱり個人的にも納得いかないん

ですよね。納得いかないとか完全に自分のことなんですが・・・笑

お客さんの反応も上々だったようなので(小林@テヲさん情報)非常に満足のいくライブでした。

ミスなどはあからさまに分かる修正点なので、課題にするとしたらその数を減らすということ。

またJulyでしか出せないオンリーワンの雰囲気をより築いていきたいですね。

あとは日々個々のスキルアップ!!絶対に現状に満足しないこと!!

今回のセットリストです↓

1、前奏~刻印
2、SIREN
3、CAVER
4、CHAPEL
5、WAR

今後もよろしくお願いします!!!!

GIGS

2009
12-01
おーっとさぼり癖が出てしまうところでした(既に出てる!?)!

どうも麓です。

ライブも一週間切りまして、Julyメンバーもきっと鋭気を養っていることでしょう。

さてさて、今日本屋に行ったらGIGSがありまして、表紙が大好きなDir en greyだったので

即立ち読みしました(買っていない!)!

いや。。。お金が本当に切羽詰ってるんです。。。

新曲のインタビューなんかが書いてあって機材紹介なんかもされてました。

Dieの赤いESPのやつは新作かな??形は前から同じものを使ってましたが。

まだDir en greyを聞いたことのない方には是非おすすめしたいですね。特に最近のDirは本当完全に

自分達の世界を確立しています。日本人だからこそできるオリエンタリティなテイストとへヴィさが

入り混じった現在の彼らは本当化け物バンドです。特に本当ドラムのShinyaのプレイはDream Theatre

のマークポートノイも絶賛しているほどのものなので是非是非チェックしていただきたいですね。


ん~あと昨日の夜韓国映画の「オールドボーイ」を鑑賞しました。

こちらはいまいち。。。

日本のコミックが原作ということですが、シナリオもちょっと焦点がなあ・・・しかも演出過剰な映画

個人的に好きではないので。。。

タランティーノが絶賛しているというのはよくわかります。ジャパニーズカルチャー好きの彼が好みそうな

映画ではありましたね。

韓国映画でいえば「チェイサー」は本当に佳作です。ご覧になってない方はぜひぜひ。(女性は1人で見ない

ように)


今日は趣味日記ですね。

ではでは!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。