スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30 seconds to mars

2011
09-30
にーーーはお。

どうも麓です。

どうやら明日から中国は長期の休暇に入るらしく、僕のチームの方々は早々に昨日からお休みを

とってしまいました。だから今日はずっとロンリーです。

えーっと、今回でお気に入りアーティスト紹介第4回目!!

今日紹介するのは、

30 seconds to mars

です!

僕が英会話通っていた時に、外人の先生が教えてくれたバンドなんですが、超クールです。

しかも最初本人等の映像見た時、びびりましたよ。

ボーカルがなんと俳優のジャレッド・レトなんですよね。

そこまで日本でメジャーな俳優ではないかもしれませんが、僕は好きな俳優の一人です。

彼の主演した、「レクイエム・フォー・ドリーム」はもう一生忘れられないほどの衝撃作でした。

さてさて、映画紹介は切り上げておいて・・・

30 seconds to marsですが、かなり分かりやすい類のオルタナティブロックバンドです。

キャッチーなメロディと、タイトでシンプルな演奏と、それに乗っかるエモーショナルなボーカル。

どれも王道な感じはしますが、その中でもとにかく、ボーカルの声が激熱です。

特に低音の時のハスキーさと、高音の張った時のボーカルのシャウトの落差が非常に良いです。

特にシャウトが超エモい!!レト、こんなに歌がうまかったなんて知らなかったよ・・・。

あとは映画の影響があるかどうかは知りませんが、大体の曲が、かなり壮大さを備えた曲作りに

なっています。バックコーラスが重厚だったり、奏でているギターのフレーズだったり。

とにかく一曲一曲に、壮大なドラマを感じますね。

あとなんといっても、これは30 seconds to marsを語るには欠かせないでしょう、PV!!!!!!!!!!

PVやばすぎ 笑

レトもDirectorとして参加しているみたいなので、やはり映画で培っている経験がかなり良い影響

を与えていますね。映画のオマージュ満載なPVもあったりと、どのPVを見ても面白いです。

My chemical romanceのGhost of youしかり、Linkin parkのCatalystしかり、ちょっと海外の

PVのこだわりようには本当に頭が下がります。

特に上記であげた3作品は映画並みのクオリティなので是非ぜひ見てみてください。むしろ

その辺の下手な映画より数倍クオリティ高しです。

多分PVへのこだわりというか、海外でのPVの持つ力、存在理由が本当にプロモーションとして

使われるものだからなのかなと思います。日本のはある意味、記念に近いような(全部じゃない

ですよ!)気がしますね。

てかなんで外人は俳優でもないのに、PVとか演技がしっかりしてるんだろう・・・。もうなんか

やっぱり国民性というか、文化というか、生まれ持った遺伝子ですよね。日本人はどこまでいって

もシャイさからはなかなか解放されないし。

そういうのが演技や歌とか表現面において明らかに違うとこだなあと感じますね。向こうの人は

本当堂々としてます。何やるにしても。

えー、そんな神PVの一つとレトの代表作ともいえる傑作「requiem for a dream」の予告をあげて

おきます。ちなみに監督は今では有名になったであろう、ブラックスワンのダーレンアロノフスキー

です。

Thirty Seconds To Mars
「This is war」
"This is war"



「Requiem for a dream」予告

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。