スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌詞の話

2013
01-20
今日はセンター試験の日だとか

ふもですϵ( 'Θ' )϶

bird taleという最近演奏してる新曲の歌詞の話をしたいと思います。


内容的には、2人の登場人物を鳥に見たてて、片方の鳥はもう片方の鳥が持っていないものを持っているのですが、その良さに気付くことが出来ず、それをひどく嫌悪しています。それを見ているもう一羽はその様子を悲しく考えており、どうにかその鳥に、自分が生まれ持った個性の大切さに気付いて欲しいと願っています。

そんなお話。

いやーストーリーテリングは難しいです(笑)
ただこの話、僕が実際にとある人物に対し思った、感じた時の気持ちを元に描いています。

みんな違うから。それぞれにしかないものを必ずひとつやふたつ、みっつよっつと持ってるから。
その部分を決して嫌いにならないで欲しいのです。

作詞してるみんながどんなことをテーマに、どんな人に対してどんな想いで書いているのかはわかりませんが、

僕は歌詞を書くとき、大体が自分に宛てたものです。
自分が見て聞いて感じたあらゆることを、自分を納得させるために、自分に言い聞かせるために書いているものが多いです。
だから自分が歌っているものというのは、正に僕からアウトプットされた僕自身です。ライブは僕という人間の発表です。それを受け取って欲しいというのが切なる願いです。ガキみたいだけど。

ただ、この曲に関しては、ある人物へ向けた想いが半分以上をしめています。その時どうしてもその人物には幸せになって欲しかったので。そんな人ひとり、みなさんもいるんじゃないでしょうか。

自分のために書いたものを違う誰かが共感してくれて、それが力になってくれたらそれほど嬉しいことはないです。そんな歌をこれからも歌って行きたいと思います。

次のライブは2/11 渋谷乙。よろしくお願いしますϵ( 'Θ' )϶
スポンサーサイト

Trackback

Comment

尻軽女
v2yM434L
東京ってこんなに尻軽女が多いんですねwww
http://kc0z0WJB.tokyo-electron.info/kc0z0WJB/

Post a comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。